レギオン(ガメラシリーズ)の設定。

●記事タイトル
レギオン(ガメラシリーズ)の設定

○アイキャッチ(あればでok
キャッチコピー:我が名はレギオン〜

この記事では、映画『ガメラ2 レギオン襲来』に登場する宇宙怪獣のレギオンについて紹介していくよ!

レギオンの概要

レギオンは、隕石と共に地球にやってきた宇宙怪獣だよ!

レギオンという名前は、新約聖書に出てくるローマ軍団のレギオン(古典ラテン語:legio)から来ているんだ。この記事の冒頭で、『我が名はレギオン。我々は、大勢であるがゆえに』という若干の厨二病感のある一節を用いたけど、この一節がまさにそれだね。レギオンは「軍団」とか「大勢」みたいな意味を持つ言葉なんだ。

ガメラ2に出てくるレギオンは、まさに軍団。親であるマザーレギオンは一体だけど、その子供であるソルジャーレギオンはものすごくたくさんいて、軍団となってガメラを襲うんだ。

これから各種レギオンについて紹介するけど、どのレギオンも体はケイ素(シリコン)で形成されていて、そのあらだは電磁波を一切寄せ付けない絶縁体で覆われているよ。

成熟したマザーレギオンの甲殻は自衛隊が総攻撃をかけてもほとんど傷つかないような頑丈さで、これにはガメラも手  じゃなくて前足をこまねいていたね!

この記事ではレギオンがどんな怪獣なのかを画像を交えながら掘り下げていくけど、『ガメラ2』の予告編の動画を見ておくと、よりイメージが湧きやすくなると思う!

以下にリンクを張っておくので、興味がある人はぜひチェックしてみてね。

レギオンの話からは少し逸れる形になるけど、『ガメラ2』は第17回日本SF大賞、1997年第28回星雲賞映画演劇部門のメディア部門賞を受賞した作品なんだ。

映画として初めて日本SF大賞を受賞した作品としても知られているね。言わずもがなの名作。特撮映画が好きで、でもこの作品をまだ見たことがないって方は、鑑賞してみる価値は十分にあると思うよ!

各種レギオンの設定

それぞれのレギオンの設定を見ていこう!

マザーレギオン(巨大レギオン)

マザーレギオンは、ガメラ2の大ボスの怪獣。レギオンたちの親玉だよ。

全高は140メートルで、全長は160メートル。体重は600トン。なんとなくエビっぽいような外見をしている生き物だけど、意外と、縦にも横にも長い形状をしているんだね。

マザーレギオンは隕石と共に、亜成体(成長しきる前の状態)でマッハ1の速度で地球に飛来したんだ。……という話を聞くと、なんかデカイわりにめちゃくちゃ速い生き物じゃんて思うかもしれないけれど、速かったのは亜成体だった時だけなんだ。

成体になってからのマザーレギオンの主な移動は地中で行われるようになんだけど、まあ遅いよね! 地中の進行速度は時速50キロメートル。あんなに体が大きいのに、みんなのお父さんの運転する車の方が速いくらいなんだ。これは個人的な疑問なんだけど、マッハ1から50キロまで移動速度が下がったら、体感的にはほとんど止まっているように思えるんじゃないかなあ。そこんところ、本人がどのように感じているのか知りたいね!

あと、マザーレギオンの一番の特徴と言えば、やっぱりその独特なフォルムだよね。

僕はマザーレギオンを見て、エビとかカブトガニとかを思い浮かべたんだけど、調べてみたら案の定、モチーフはヘラクレスオオカブトバッタカニシャコなどといった節足動物だったよ!

虫系クリーチャーが好きな僕は、このキャラクターを初めて見た時、子供ながらすごく斬新で、かっこいいデザインのモンスターだなって思ったよ! みんなはどうかなあ?

マザーレギオンの各部位

レギオンの特徴的な各部位には、それぞれ名前がついているみたいだよ。

ハイバインド電子眼(目)

普段は青色で、興奮すると赤く光るよ。あらゆる波長の電磁波を視覚認識できるらしくて一見便利そうだけど、渋谷のセンター街とか電磁波飛びまくってそうなエリアに行ったらすごく不便そうだね!

口(大角)

前方に尖った口が左右に大きく開くよ。ここからマイクロ波シェルという強力な光線を放つんだけど、劇中ではその照射前の硬直時間の隙をついて、ガメラにへし折られて、ちぎられてしまうんだ。痛そうだね!

なお、ちぎられてしまった後は、マイクロ波シェルの代わりに口からレギオンビュートという赤く発光する高熱の触手を使った攻撃に切り替えるよ!

このレギオンビュート、やすやすとガメラの体を貫通しちゃうような強力な攻撃なんだけど、さすがのガメラも、これをくらった時は「やべっ! 口ちぎらなきゃよかった!」なんて思ったんじゃないかなあ。

エッグチャンバー(卵巣)

お腹にある、オレンジ色に発光するフジツボの群生のような器官。 1時間で100匹単位のソルジャーレギオンを生み出すことができるよ! おびただしいしいね!

ちなみに僕は小さい頃、レギオンの人形を持っててすごく大事にしていたんだけど、よくこの部分を触っていたよ! 未就学児の頃から女性のそんな場所をなでなでするのが好きだなんて、もう! 我ながら、もう!

干渉波クロー

頭部の周りにある10本(5対)の爪状の器官だよ。ソルジャーレギオンとの交信に使われたり、通信や電子機器に干渉して妨害したり、ガメラのプラズマ火球を中和して無効化したりすることができるよ!

スレッジアーム&サイズレッグ

前足と後ろ足のことだよ! 削岩に利用したり、攻撃に利用したり、ものすごいパワーがあるんだ!


以上がマザーレギオンの体の部位の紹介になるよ! マザーレギオンの生態の紹介は、ソルジャーレギオン、レギオンプラントを紹介した後にまとめてしていくね!

ソルジャーレギオン(小型レギオン、兵隊レギオン、幼体)

前にも書いた通り、ソルジャーレギオンは、マザーレギオンの子供だよ!

でも、画像を見てわかる通り、その形状はお母さんとはあまり似ていないね。

体長は3メートル、体重は300キログラム。マザーレギオンと違って筋肉に相当する器官を持っていないから、体に詰まったガスの圧力で動いているみたい。

ソルジャーレギオンは、マザーレギオンに比べると体は小さいけれど、性格はとても凶暴。地下鉄車両内の乗員・乗客や、駆けつけた機動隊員を襲ったり、群になってガメラにまとわりついて攻撃したよ。

ソルジャーレギオンの見た目的な特徴と言えば、胴体中央の大きなモノアイ(一つ目)だよね。でも眼はそれだけじゃなくて、その両端に2つずつ、計5つの眼があるんだ。

眼で電磁波を視覚認識できるのはマザーレギオンと同じなんだけど、電磁波を発するものを持っていない相手は認知できないみたいで、劇中でも上手く回避されてしまっているシーンがあったよ!

成長すると羽が生えて、空を自由に飛翔できる翔レギオン(はねレギオン)になるよ!

レギオンプラント(草体)

レギオンプラントは、レギオンが繁殖する際に使う植物に似た共生生物だよ! 全幅は60メートル・重量は3,000トン。とても巨大だね!

レギオンプラントは、レギオンが放出する酸素ガスを吸収して成長するよ。そして最終的には自爆して、種子を宇宙空間に打ち上げるんだ。(詳細は後述)

レギオンプラントは、劇中では札幌と仙台に出現したよ。札幌ではガメラが火球によって焼き払ったんだけど、仙台ではマザーレギオンが妨害したから、爆発は阻止はされなかった!

ただ、ガメラに直前に引きずり倒されてしまったから、宇宙には発射できなかったんだけど、種子の直撃と爆発によって仙台は壊滅。ガメラは仮死状態になってしまったよ。

レギオンプラントは、暖かい場所だとより成長しやすい傾向にあるみたい。活性化すると、夜の間は花の上にオーロラが出現するよ! 正直、花自体の見た目はそんな綺麗じゃないから、オーロラでポイント稼ぎをしているのかもしれないね!

レギオンの生態

ここでは、レギオンの生態についてもう少し深く彫り込んで行くよ。

レギオンの①「繁殖」

レギオンはこれから紹介するような流れで繁殖を行なっているみたいだよ!

  1. どこかの惑星で十分に成長したレギオンプラントが爆発を起こし、宇宙空間に発射される。種子にはレギオンの卵が産みつけられている。
  2. プラントの種子は宇宙空間を漂流し、やがて惑星に落下する。
  3. 惑星に落下すると、まずマザーレギオンが孵化する。マザーは胸部のエッグチャンバーから無数のソルジャーレギオンを生み出す。
  4. ソルジャーが土の中に含まれる二酸化ケイ素(シリコン)を食べて、大量の酸素ガスを生み出す。
  5. 発芽したプラントは、マザーとソルジャーの放出した高濃度の酸素ガスが急成長。巨大な花状の器官、レギオンフラワーを開花させる。
  6. フラワーは成熟すると大爆発を起こし、次世代のプラントの種子と、産み付けられたレギオンの卵と宇宙空間に打ち上げる。

なるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほどなるほど!

「なるほど」のレギオン(軍勢)!

……。

えっと、ガメラ2の映画は、レギオンの生態フローチャートの②から始まり、⑥が成就せずループが途切れた話ってことになるね!

この流れを見る限りだと……、マザーレギオンは別にソルジャーレギオンが成長した姿って訳でもないんだね。そう考えると、女王アリと働きアリの関係に近いのかも。実際、レギオンの生態は、ハキリアリというアリさんモデルにしているみたいだしね!

レギオンがやってきた惑星は、レギオンたちが放出する膨大な酸素ガスによって大気成分が改変され、生態系が破壊してしまうみたい。

まあ、そもそもソルジャーレギオンは凶暴だし、レギオンプラントは大爆発を起こすしで、だいぶそれ以前の問題なんだけどね。

そう考えると、ガメラの地球での戦いは、地球だけでなく、どこか遠くの星の生態系を救ったことにもなるかもね! ガメラ、ブラヴォー!

レギオンの生態②「コミュニケーション」

レギオンは電磁波が視覚認識できると書いたけれど、レギオン同士は、不可視の電磁波をコミュニケーションに用いて見るみたい。

さっき、いちいち電磁波が見えてしまうのは鬱陶しいだろうと書いたけれど、実際、鬱陶しいらしく、レギオンたちは特定の波長の電磁波の発生源を、会話を邪魔する「敵」として攻撃する習性があるみたいだ。

そういえば劇中でも、携帯電話を持っている人や、パチンコ店のネオンサインや、通信施設のアンテナを攻撃する描写があったよね。札幌や仙台のような大都市が狙われたのも、敵がいる土地の占領という意味合いがあったみたいだよ。

レギオンの生態③「食べもの」

体がケイ素(シリコン)でできているレギオンの大好物はシリコン! 豊胸手術でシリコンを入れている人は、胸元に要注意だね!

バレちゃうからね!

 劇中のレギオン

劇中でのレギオンの活動を、簡単に解説するね。

  1. 北海道札幌市郊外の支笏湖付近に最初の種子が落下する。
  2. ソルジャーの群れが人工物に含まれるガラスを吸収しながら地下を移動。すすきの駅付近で地下鉄の乗員乗客と彼らの救助に向かった機動隊を襲撃し、大勢を殺傷。
  3. ロビンソン百貨店札幌店の地下でプラントの種子が発芽。百貨店を突き破って地上に巨大なレギオンフラワーを開花させる。
  4. 大爆発を伴う種子の打ち上げが迫る中、地下鉄構内に張ったプラントの根を自衛隊が破壊する。フラワー活動を停止。
  5. 飛来したガメラがプラズマ火球でレギオンプラントを破壊。種子の打ち上げを阻止するが、地下からソルジャーの大軍が出現。攻撃され、ガメラは空に逃れる。
  6. マザーが現して南方に飛び去ったが、F-15戦闘機のミサイルによって撃墜。巨大な翅が海上で回収されたことから、死んだものと推察される。
  7. 新たなプラントが宮城県仙台市仙台駅前に出現。札幌よりも気候が暖かいことが影響して急成長。すぐにフラワーが開花する。
  8. 種子の打ち上げを阻止するために再びガメラが飛来。そこに、完全体に成長したマザーが立ちはだかる。霞目飛行場で戦いが始まる。
  9. マザーとの戦いで深手を負ったガメラ。なんとかプラントにたどり着くが、完全に破壊する前に大爆発が起こって仙台市は消滅。ガメラ自身も焼き尽くされる。
  10. 再三に渡って種子の打ち上げを妨害されたマザーは、ソルジャーの大軍を引き連れ東京を目指す。栃木県足利市で待ち構えていた陸上自衛隊の戦車隊を一蹴し、復活したガメラとも優勢に戦うが、自衛隊がガメラの援護に回ったことから形勢が逆転し始める。
  11. NTT北海道職員が機転を聞かせ、ソルジャーの電磁波に群がる習性を利用し、名崎送信所のアンテナにソルジャー(翔レギオン)の群れをお引きよせる。対戦車ヘリコプターで一掃。マザーは孤立する。
  12. マザーレギオンがマイクロ波シェルを放とうとするが、その予備動作の隙を突かれ、干渉波クローと大角をガメラにもぎ取られる。怒り狂ってレギオンビュートを用いた猛攻撃を加えるが、栃木県利根川の最終防衛ラインでガメラのウルティメイト・プラズマによって粉砕される。こうして、地球におけるレギオンの繁殖は全て失敗に終わった。

次作『ガメラ3』との関連

平成ガメラシリーズの話は繋がっているので、『ガメラ3』でも登場人物がレギオンについて触れているシーンがあるよ。

『3』ではギャオスの亜種であるギャオス・ハイパーという怪獣が大量発生したり、イリス(ギャオス変異体)というボスキャラが出てくるんだけど、その原因が、レギオンが飛来したこと、そしてガメラがマナを消耗させて放ったウルティメト・プラズマにあると推察されるシーンがあるんだ。

ウルティメト・プラズマて!

ちなみにガメラは、マナを消耗させるウルティメト・プラズマを放つと後々地球によくないことが起こるのがわかっていたんだけど、レギオンを倒すためにはそうせざるを得なかったみたい。レギオンがいかに強力な敵であったかがうかがい知れるシーンだったね。

映像としても、『2』の流用という形だけれど、少しだけ出演しているよ。

レギオンの世間からの評価はどんな感じ? 強すぎる??

『ガメラ2』は1996年公開のもうだいぶ前の映画だけど、ツイッターや映画レビューサイトのコメントを見ると記事執筆時点でも多くのコメントが寄せられていたよ。それだけ評価の高い、人気の作品だったみたい。

12018/03/24 00:28:23

絶望的に強い敵いいよね…

492018/03/24 01:01:00
こいつの何が強いって
これ単体じゃなく小型の群れでもガメラヤバかったこと

82018/03/24 00:37:19

格闘戦でもクソ強くて遠距離武器もクソ強くて堅い上にバリアまで張る!
さらに秘密兵器まで備えてる
しかも繁殖行動で星を滅ぼす

http://maskrider-futaba.info/2018/03/24/post-7310/

無題 2017/10/09 00:20:35
>ケイ素ガンガン食われるだけで地盤ボロボロにされるし戦闘力以外でも厄介この上無い
地下から攻められたら現実の軍隊なすすべないよね
152018/03/24 00:40:18
でもこいつ電磁波でミサイル狂わせるし地面潜って逃げるぞ
342018/03/24 00:55:07
キレてからが本番すぎてオイオイオイってなる
58無念2018/04/14 00:39:43
角破壊後の方が強いなんて聞いてないんですけお!!111
62018/03/24 00:36:41
なのでこうして地球のマナ殆ど使って無理やり倒す
202018/03/24 00:42:06
一応ウルティメイトプラズマも一瞬防御してるんだよなこいつ
232018/03/24 00:47:05
>一応ウルティメイトプラズマも一瞬防御してるんだよなこいつ
一瞬どころか撃ち終わった時点でようやくぶち抜いてるからかなり与えてるよ

162018/03/24 00:40:21

こいつ多分宇宙にいっぱいいるよね?

72018/03/24 00:36:43
エビみたいな虫みたいなでもよくわからんデザインが好き
302018/03/24 00:53:16
今見てもデザインが古くない
無題 2017/10/23 19:52:48
レギオンのデザイン大好き
322018/03/24 00:54:14
世界の怪獣好きに怪獣語らせたら大体話題に上がってくるやつ
412018/03/24 00:57:19
映画も無理にCG使ってないおかげで今見てもそんなに映像がキツくない
622018/03/24 01:07:01

1のラストの炎を吸収して復活するガメラも凄かったが
何よりレギオンのこのビームエフェクトに度肝を抜かれた
su2308743.gif
>かっこいい
>フィギュアほしい
今の所エクスプラスのが至高
4無念2018/04/14 00:22:20
二作目の敵なのに一番強そう
45無念2018/04/14 00:30:25
>二作目の敵なのに一番強そう
実際劇中のスペック見る限りイリスよりも強いのでは?
対イリス戦でもソルジャーに集らせるか地中に潜って下からビームブッパすればいいし
ケイ素生命体だから遺伝子の取り込みようがないし

ただ、レギオン自体について言及しているツイートやコメントはあまり見つからなかったかな。だからここでは、作品の評価がわかりそうなコメントと、レギオンが少しでも関係しているコメントを集めてみたよ!

ガメラやレギオンもそうだけど、自衛隊がすごくかっこいいのもこの映画の特徴だよね!

すごくわかるなあ! あの一回で飛び立てないシーンと、その後にビルの窓にガメラの血がビシャーってなるシーン。子供ながらかっこよくて震えたよ!

「レギオンのデザインはシリーズ屈指の美しさである!」いいこと言うなあ!

すげえ。

すげえ。

『地球防衛軍』には出てこないけど、『巨影都市』にはソルジャーレギオンとレギオンプラントがほんの少しだけ出演しているよ!

●カテゴリ
・キャラクターの設定
・作品の設定
・企画系

・アニメ作品
・映画作品
・特撮作品

●タブ1(属性
・人間系
・虫系
・ロボット系
・ドラゴン系
・怪獣系
・ゾンビ系

●タブ2(
・グロテスク
・ヒーロー

・建築物
・武器

・世界観
(マーベルシリーズの世界観・設定、バイオハザード(ゲーム)の世界観・設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする