今流行りの仮想通貨ってどんなもの?初心者のためにわかりやすく解説

今回は、少しでもビジネスや投資をやっている人なら聞かない日はないであろう、仮想通貨について簡単に解説してみようと思う。

仮想通貨とは一体どんなものなのか。普通の通貨とどのように違い、どんな将来性があるのか。また、手に入れるにはどうすればいいのか。この記事を読めば、それらの疑問がすべて解消されるだろう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、簡単に言えばインターネット上に存在する電子的な通貨のことだ。

「仮想」を横文字にすれば「virtual(バーチャル)」となる。リアルの世界で使われる通貨と対をなすバーチャルな通貨、という風に考えれば、わかりやすいだろうか。

ただ、仮想通貨(virtual currency)という呼び方は、世界的に見るとあまりメジャーなものではない。世界的には「暗号通貨(cripto currency)」が一般的である。

ではなぜ「暗号通貨」なのか。それは仮想通貨を管理する暗号技術「ブロックチェーン」に由来している。

仮想通貨を理解する上で欠かせない暗号技術、ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、簡単にいうと仮想通貨取引のすべての記録だ。取引の情報をある一定量(ブロック単位)で保存し、それを鎖のように繋げて保存していくことからこの名前がつけられた。

ブロックチェーンのイメージ

ブロックチェーン上には仮想通貨にまつわる全ての取引が当初から現在まで記憶されている。

ブロックチェーンには、私たちが普段使っているお金と管理方法において大きな違いがある。

私たちが普段使っているお金の取引のデータは、銀行などの金融機関の巨大なコンピュータシステムによって管理されている。このような管理の仕組みは「中央集権型システム」と呼ばれる。

一方で、ブロックチェーンに管理者は存在しない。ブロックチェーンは、インターネット上の不特定多数のコンピュータに保存され、すべての利用者が確認できるようになっている。このような管理の仕組みは、「中央集権型システム」に対し「分散型台帳システム」と呼ばれる。

分散型台帳システムの利点は3つある。

  1. 常に不特定多数の監視の目が働いているため、誰かが改ざんを行おうとしてもすぐに発見され、修正が加えられる。仮にブロックチェーン上で不正を行おうと思った場合には、新しいブロックが追加されるまでわずかな時間に、すべてのブロックのデータを書き換えなければいけない(無論、簡単にできることではない)。
  2. 中央で管理する存在が必要なくなったため、システムを管理するコストが大幅に削減された。
  3. そしてもう1つは、送金をする際に仲介する組織を必要としないため、少ない手数料で早く送金できることだ。
  4. データがインターネット上の不特定多数のコンピュータに分散して保存されているため、仮に1つのコンピュータがショートしてもシステムは維持される。

以上のことから、分散型台帳システムは、通貨の取引の舞台をインターネット上に移行することに対する懸念と、既存の銀行を介した取引の問題点を同時に解消した画期的なシステムであるということが言えるだろう。

仮想通貨と法定通貨との違い

仮想通貨に対し、日本円や米ドル、ユーロ、人民元など私たちが「お金」として認識している通貨は法定通貨と呼ばれている。

仮想通貨は法定通貨とどう違うのか。相違点をいくつか挙げてみよう。

実物が存在しない

法定通貨には紙幣と硬貨という実態があるが、仮想通貨には実態がない。

ビットコインについて調べるとこういった硬貨の画像が出てくるが、イメージである。

発行元が存在しない

法定通貨は国が発行しているが、仮想通貨はインターネット上で繋がれたネットワーク上で発行され、管理されている。銀行のように仲介する組織がいないため、手数料が少なく、送金までに時間がかからない。

グローバルな通貨である

現状、リアルのお店で仮想通貨が決済に使えるお店は少ないが、その数は急速に増加している。今後、仮想通貨を使って買い物できるお店が世界中で増えれば、海外旅行に行くときなどにわざわざ両替する必要もなくなってくるだろう。仮想通貨を持っていれば、海外でもインターネットに繋ぐ手段を持っているだけで買い物ができるということになる。

他にも仮想通貨は、手数料や送金速度の関係から、海外にいる家族へ送金したい時などにも有効な手段であると言えるだろう。

仮想通貨と電子マネーの違い

「仮想通貨」という響きだけ聞くと、すでに日本で広く普及しているsuicananacoなどといった電子マネーをイメージしてしまう方も多いと思う。しかし、仮想通貨と電子マネーはまったくの別物だ。

どこがどう違うのか。これも相違点を挙げてみよう。

チャージをするのではなく、両替する

電子マネーはカードなどの媒体に現金「チャージ」して使うが、仮想通貨は「通貨」なので現金を両替することで手に入れることができる

法定通貨に換金できる

電子マネーを現金へ換金するには何かと手間がかかる。また、全額をきちんと換金できない場合も多い。その点、仮想通貨は「通貨」なので、少しスマートフォンを操作するだけで簡単に法定通貨に換金することができる。指定口座への送金もワンタッチだ。

仮想通貨と投資

仮想通貨は株式や為替のように価値が変動するので、投資の対象としても注目されている。

仮想通貨の代表格であるビットコインは、2012年には1BTC1,600円ほどの価値しかなかったが、この記事の執筆時点20178月には1BTC47万円近くまで上昇している。

ビットコインの価格の推移

2017年8月には、一時的に1BTC=50万円を記録した。

わずか5年で280倍だ。この大きな価格の上昇が、ビットコインを始めとする仮想通貨に投資する一番の魅力だと言えるだろう。2018年には「1BTC100万円超え」と予想する専門家も少なくはない。

しかし、このような急上昇はいつまでも起こるわけではない。仮想通貨が世間に広く普及すれば、このような大きな値動きはなくなり、市場が安定してくる。そうなれば、仮想通貨も、FXなどと同様、一部の優れたトレーダーしか稼げなくなるだろう。

仮想通貨について書かれた書籍やwebサイトなどを見ると、よく「仮想通貨に投資するなら今がチャンス」などといったことが書かれているが、これはただの宣伝文句のように見えて、事実である。

今は仮想通貨の黎明期(れいめいき:新しい文化が起ころうとする時期)。仮想通貨が社会に普及すれば、その価値はどんどん高騰していく。今500円程度で買える通貨が、仮に数年後、30,000円という値段をつけたら、あなたはどう思うだろうか。「あの時買っておけばよかった」と思うのではないだろうか。

いずれ仮想通貨に手を出そうと思っているのであれば、始めるのが早いに越したことはないだろう。

仮想通貨を手に入れるには?

仮想通貨を手にいれる手段は、大きく分けて3つある。

  1. マイニング(採掘)する
  2. 誰かからもらう
  3. 買う

ただ、多くの人にとって「1」と「2」は縁がないかもしれない。なぜなら、マイニングを行うためにはある程度PCに長けていなければいけないし、誰かからもらおうと思っても、そうやすやすと譲渡としてもらえるようなものではないからだ。

よって多くの人は、仮想通貨を買って手に入れることになる。

仮想通貨を買うためには、取引所を利用することになる。国内の取引所にもいくつか種類があるが、初心者がまずはじめに開設すべきはcoincheckだろう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

当メディア「Grand Report」でも、初心者の方にはこの取引所をオススメしている。

理由は、取引できる通貨の数が圧倒的だからだ。試しに、国内の主要な取引所同士で取り扱っている通貨数を比較してみよう。

取引所名  取り扱っている通貨名
BitFliyer
  • ビットコイン
Bitpoint
  • ビットコイン
  • イーサリアム
Zaif
  • ビットコイン
  • ネム
  • モナーコイン
coincheck
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ダオ
  • リスク
  • ファクトム
  • モネロ
  • ネム
  • オーガー
  • リップル
  • Zキャッシュ
  • ダッシュ

違いは明白である。

取り扱っている通貨数が多いということは、それだけ選択肢が多いということでもある。すでに価格が高騰してしまっているビットコインに投資して大きな額を稼ぐにはトレードを行うしかないが、中にはまだ価格が安く、将来的に価格が高騰していくだろうと予測されているものもある。将来有望な通貨を安いうちにたくさん買って寝かせておく、というのも1つの手だ。

世の中には、いわゆるビットコイン長者と呼ばれる人たちがいる。この人たちがいかにして億万長者になったかというと、ビットコインが安かった頃に大量購入して持っていただけだ。

もちろん、当初は誰にも認知されていなかった仮想通貨にたくさんの資金を投じたのは勇気のいることだし、売りたい欲をずっと我慢し続けるのもなかなか大変なことだ。その先見性と忍耐力は評価に値するだろう。しかし、それでも彼らがアクションとして行なったのは、とりあえず買って持っていただけだ。それで億万長者である。

かつて千円ちょっとで買えたビットコイン。たとえばそれを10万円分だけ買って、1BTC=47万円になる今の今まで保有していたら、いくらになっただろうか。仮に元の額を1,500円程度と仮定しても実に313倍、3,000万以上だ。世の中にたった数年でここまで価値の上がる投資商品は他にないだろう。

つまりだ。あなたがもしトレードに自信がないのであれば、まだ価格がさほど高くない通貨を買って仕込んでおけばいい。もちろん、投資だから100%うまくいくという保証はない。だからあくまで余剰資金内でやってほしいが、選択肢としては大いにアリである。

まとめ

今回は仮想通貨について書いてきた。いかがだっただろうか。

今、世界中の投資家や技術者たちが注目している仮想通貨。筆者自身は、この波に乗らない理由はない、と踏んでいる。皆さんはどのように感じただろうか。

仮想通貨のすべてを理解しようとすると、非常に奥が深く、ブロックチェーンやマイニングを完全に理解しようとすると、いよいよ専門的知識がない人たちには難しくなってくる。

普通に仮想通貨を取り扱うくらいなら、深いところまでは理解する必要はないだろうが、興味がある人はそれ関連の書籍を読んでみてもいいだろう。

「仮想通貨を買っておきたい」「取引してみたい」という人はひとまずcoincheckで口座開設してみるといいだろう。登録自体は簡単に行える。

思い立ったが吉日。あなたが仮想通貨で大きな利益を上げたいと思っているなら、開設は早いに越したことはないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする